美容整形の基礎知識と歴史

美容整形とは、身体の一部を理想的な状態に矯正することです。

病気ではないので治療とは違い、「美」への追求といった要素が多いのが特徴です。 昭和の頃までは「医学は生きるためのもの」でしたが、平成になって「医学はより良い生活のためのもの」という考え方に重きをおくようになりました。 こうした医学に対する考え方の変化には、美容整形技術の発展が背景にあります。 こうした流れにのって、現代の美容整形は新たなポジションを確保したと言えます。

美容整形の歴史は古く、最古の記録が紀元前6世紀のインドにあります。 当時インドの医師が「造鼻術」や「造唇術」という手術を実践していた記録が残っています。 ルネサンス期になると、形成外科に関する教科書が作られ、このことが現在でいう美容整形の誕生に大きな影響を与えています。

史上初の整鼻術(美しく鼻を加工する手術)は、1845年に行なわれ、その後の世界大戦において戦傷者の傷を治すために形成外科の技術は一気に進歩しました。 それに伴い美容整形の技術も向上したと言えます。 日本で最初の美容外科が誕生したのは、昭和初期です。世界の流れと同じく、日本でも第二次世界大戦後に美容整形の技術は発展しました。

[注目]
・美容外科で有名な中央クリニックの公式サイトです ⇒ ⇒ ⇒ 美容外科なら